過去問を極めよ! | 東進ハイスクール新松戸校|千葉県

ブログ

2015年 9月 12日 過去問を極めよ!

皆さんこんにちは!

来年の夏に向けて今から体を鍛えている成田です!笑 来年の僕は、あの某トレーニングジムのCM顔負けの変化を遂げている事でしょう!笑

まあ、体に関しては厳しいトレーニングを続けることであの某トレーニングジムのCM顔負けの変化を遂げる事ができるのですが、頭の方はどうでしょうか??

安心してください! 頭の方も大丈夫です!!

事実この成田が体現しております!!

このように私が頭に関しても劇的に変化を遂げる事が出来たのは…

過去問演習講座を徹底的にやり込んだからです!!

具体的にどのようにしてやり込んでいったかというと、1周目は、①過去問を制限時間をオーバーしてでも分かるところまで解く ②解説授業を受けて分からなかったところを理解する ③添削答案が返ってきたら、採点ポイントを確認し、自分の答案に何が足りなくて、何をどう書けば合格答案に仕上がるのか研究する

2周目は、①研究した添削答案をもとに、合格答案を目指して再度答案を作成する ②一周目で理解不十分なところは、解説授業で再度確認し、理解に努める③再添削答案が返ってきて、満点でなかった場合は、なぜ減点されているのかを確認し、次同じ様なところで減点されないように注意する

3周目は、①2回の添削で学んだ事を活かし、本番のシュミレーションとして制限時間内に合格答案を作成してみる ②再々添削答案が返ってきたら、制限時間がある中で合格答案が作成できているか確認し、作成できていない場合は、どのようにしたら制限時間内に合格答案を作成できるか研究する

といった流れで過去問演習講座を、英語10年分4周、数学10年分5周、国語10年分4周、日本史10年分5周するなど、徹底的にやり込みました!

なぜそんなにやり込む必要があるのか?

それは、過去問というのは、その大学の傾向を知る最良のものだからです。

ではなぜ傾向を知るのが大事なのか?

それは、傾向というのはその大学が求めている人物像を表す指標であるからです。

いくら頭が良くても、その大学の求めている人物像に当てはまらなければ合格することは難しいのです。

逆に言えば、実力が多少不足していても、その大学の求めている人物像に当てはまることができれば、合格する事ができるのです。

だから、過去問演習講座をやり込んで、志望校の求める人物像に近づこう!!