社会科学vs自然科学 | 東進ハイスクール新松戸校|千葉県

ブログ

2015年 7月 30日 社会科学vs自然科学

んにちは 先日の土曜日ぶりのブログになります。兼古です。この前の兼古の記事、私のリラックス法こちらから読めます。ぜひ興味があればチェックしてみてください。

然ですが、みなさんは社会科学自然科学、どちらが好きですか??

社会科学とは、人間の社会に関する様々な問題を科学的に研究する学問です。たとえば、政治学歴史学などですね。

一方、自然科学とは、対象が人間ではなく自然で、観測された結果から何かを生み出す学問です。たとえば、物理学化学などですね。

ぼくは、好きな科学が時期によって違います。高校生のときは自然科学大学生社会科学です。大学生になり視野が広がり、興味がある学問が圧倒的に増えました。具体的に今興味がある社会科学は、経済学政治学心理学法学です。ちなみに、自然科学と隣接している社会科学として、統計学、数理経済学に興味があります! またまたちなみに、僕の所属している学科、経営工学科は自然科学とも社会科学ともいえる学問なんですよ!笑

 

さてさて、今回はそんな高校生時代は自然科学が好きだった兼古青年、いや、自然科学を好きになるきっかけになった講師の先生をご紹介しましょう!こちらの先生です!

物理やまぐち健一先生です!!!

東進のCMでは、物理の先生といえばグラサンが印象の苑田先生のイメージがありますが、東進の物理の先生は苑田先生だけではありません!

このやまぐち先生は、みなさんが忘れているあるものを思い出させてくれます。それは、好奇心です!!!

なぜこの現象が起きるのか???ということを、ものすごく深く掘り下げてくれるので、「あ、そうか!!!」という驚き、なっとくがあり、一回で知識を定着することができました。ちなみに、記憶は感情を伴った方が定着しやすいそうですよ。

以上、兼古がおおくりいたしました。ありがとうございました。

 

部活生特別招待講習のお申込み締切は本日です!

高校3年生対象の特別招待講習は今日がラストチャンス!

まだの人は画像をクリックして、お申込みください!

 

高0,1,2年生のみなさんにお知らせです。
夏期特別招待講習の締切が迫っています!

わかりやすくておもしろい授業で苦手克服や得意なものを

もっと伸ばしましょう!

8/9までなので、お申し込みはお早めに!!