良い大学に行くということとは? | 東進ハイスクール新松戸校|千葉県

ブログ

2016年 7月 17日 良い大学に行くということとは?

こんにちは!担任助手1年の岩佐です。

先日は、私事ながら19歳の誕生日をこの新松戸校で担当生徒に祝ってもらいました!

もう涙が出るくらい嬉しかったですありがとう!!(T-T)

さて、10代最後の年を迎えてしまった私ですが、本日のテーマであるについて書いていきたいと思います。

私は今、大学で主にグローバル・スタディーズ国際関係論地域研究などについて学んでいます。

その中でも特に、グローバル・イシューについて関心があります。

グローバル・イシューとは、貧困・紛争や平和、ジェンダーや教育など、地球規模で解決するべき世界の問題のことを言います。

私が特に深く知りたいと思っていることは、貧困や紛争についてです。

世界には、みんなのように大学に入るために全力で勉強ができる環境が与えられている子供たちは本当に少ないです。

その日食べるものに困る程の生活や、銃声の音に身をひそめながらの生活を強いられている子供たちがたくさん、たくさんいます。

今勉強している地域の一つであるは、特にそのような子供たちが多い場所です。

知れば知るほど、こうして座って授業を受けられていることがどれだけ恵まれていることか、考えさせられます。

大学に入って持ち始めた私のは、“もっと多くの世界の子供たちに、自分の可能性を見つけてもらいたい”ということです。

私は、小さい時からたくさんの経験をさせてもらいました。それは今の私にとって一つも欠けずに大事なものになっています。

私が自分の可能性や夢を見つけられたのは、その経験があったからです。

自分の住む世界の外にどんな素敵なものがあるのか、知らずに将来を絶たれてしまう子供達がたくさんいるのはとても悲しいことです。

今私たちが恐れているテロの存在も、貧困によって教育を受けられなかった過去を持つ人々と深く関わっています。

もう、”関係ない”では済まされない時が来ていると思います。

今、私ができることは勉強することくらいしかないけど、それがとても大事だと感じています。

将来自分に何ができるかはまだわからないけど、毎日いろんなことにを開いて、自分がするべきこと・行くべき道を見つけたいと思っています!

自分のやりたいことが見つけられる大学に行けることはとても幸せなことだと感じています。

良い大学に行くということは、自分の見えていた世界が変わるくらいの出会いができるということです。

経験で皆さんの人生は大きく変わります。

皆さんも自分の無限大の可能性を見つけるためにも今は全力で勉強してください!

私も皆さんと一緒に勉強頑張ります!

 

最後に私がで見て感動した景色の写真を載っけておきますね。(笑)

 

 

 

 

東進新松戸校ブログオススメ!

過去の記事